彼女は闘った。この物語は小説ではない。/ある奴隷少女に起こった出来事/ハリエット・アン・ジェイコブズ/堀越ゆき訳

150年前の心の叫び、みずみずしい感性に触れられる本。

素晴らしい本の紹介です。刊行から約130年経ってベストセラーに。きっと今後名作として絶えることなく読み継がれるだろうノンフィクション。

奴隷制度。150年前の風景、生活、思い、息づかいが伝わってくる。自由、人間の尊厳。現代では嘘くさい言葉が真に必要とされる人々がいた。

僕の興奮だけを伝えておきます。

清く強い魂の闘いの物語。そんな小舟が時間の海に漂いながら、現代にたどり着いたことに感謝。

奴隷。僕の想像する奴隷は苦しむ姿はあれど心は持ってなかったし、日常を送ってなかった。この本は違う。

想像もしなかった奴隷のいる日常。そこに居る人々の生活が、あまりにもリアル。舞台のように切り取られて表現されている。食い入る。読み入る。一気読み。すご本。

読みやすい文章で小学高学年から読めると思う。我が子に読ませたい。

僕が勧めなくてもいずれ手に取る日が来ると思うけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする