インフルエンザの診療費、薬代あわせて6,370円でした

こんにちは。平熱が36.0℃ジャストの生島です。
そのな僕が先日インフルエンザにかかり、まる2日間39℃以上の熱にうなされました。そんな熱覚めやらぬうちに、診療費をメモです。

いったいいくら支払ったかという話です。さくっといきます。タイトルに書いていますが。

今回のケース。

週末発熱⇒休日当番医(初診)でインフルエンザ検査⇒すぐ調剤薬局でインフルエンザの薬(イナビル)等を処方の流れ。

結果、支払った費用は6,370円でした。冷静にみると高いですね。

その内訳を見てみましょう。

費用は大きく2つ。

1.診療費(病院へ支払ったお金)

合計    3,410円
うち基本料 1,596円(うち休日初診料846円、休日加算750円
うち検査  1,608円(うち休日加算 600円)
うち投薬   210円

僕の場合は初診と休日加算が入って2,196円も高くなっています。通常なら1,200円程度?? かかりつけの病院へ平日に行くのがお得ってことですね。

2.薬代(調剤薬局へ支払ったお金)

合計      2,960円
うち調剤技術料 1,338円(うち休日加算780円)
うち薬学管理料  150円
うち薬剤料   1,470円(うちイナビル1,284円)

こちらも休日加算が780円も発生しています。
あと、インフルエンザの薬イナビル1,284円以外は薬剤料はほとんど発生してないんですね。ジェネリックを選んだせいもあるんでしょうけど。通常なら2,200円ぐらい??

これでわかることは、6,370円支払ったうち休日による影響約3,000円もあります。平日の通常時間帯であれば合計でも3,000円強ぐらいで済むんじゃないでしょうか

これでの自分への戒めは、体調に異変を感じたら、平日でも仕事の段取りをつけて病院へすぐ行こうってことですね。

みなさまの参考になれば幸いです。

ご注意ください

・内訳は点数を1点10円に置き換えた試算です。
・いずれも、30%負担の金額です。
・そして、これは素人による投稿でございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする