四国最高峰の公共の遊び場/あすたむらんど徳島@徳島県板野郡板野町

今回は、徳島県にある「あすたむらんど徳島」の紹介です。公園シリーズの中でも、スケールが最も大きく、さまざまな人たちに満足してもらえるだろう場所です。

(2018年10月訪問)

入園料がまずいりません。駐車場も無料です。基本無料です。博物館やプラネタリウムは有料ですが、公共施設価格なのでかなり安いです。

(入り口)

(広大な敷地にあらゆるものがぜいたくに用意されています。)

(立派なトイレ)

(道もゆったり)

これをなんと呼んでいいのかわかりませんが、巨体な遊具。砦のよう。何階建てなんだ、これは。初めて見た時は大人ながら興奮しました。あらゆるところから登って行くことができ、中でもいろんな通り道が用意されてます。

(おおー)

(さらにどーん)

(中の様子。探検心をくすぐる)

(やや迷路のようなつくり)

(砦は巨大な滑り台につながります)

そのすぐ横にあるのが、暗闇で細道の迷路。子ども向けなので、迷路のような通路といったところ。ちょうどいい具合で、親も安心して遊ばせられまし、子どもの冒険心をくすぐるわけですよ。

(迷路の目玉。時間が経つと水がひっくり返ります)

さらに公共施設ではかなり珍しい、ウォータースライダー「吉野川めぐり」。2コースあります。けっこう、変化のあるコースで初めてならと大人でも楽しめます。子供は大興奮。小学生の中学年ぐらいなら子どもだけ乗せても安全ですので、到着地点で待ち合わせをしています。(大人300円、子ども100円※小学生未満無料)

(かなり本格的)

大きな芝生の広場。ボール遊びやフリスビー、ただごろごろするだけと用途自由です。

(広い。天気がよければここでごろごろと)

(いろいろ遊具が点在して子どもは目移り)

浅く作られた水遊び空間。かなり小さな子から遊べます。暑い季節はこの場所だけで子どもたちは大満足です。水着を着てがっつり遊びましょう。

(こちらは水の中に入れるところ)

(こちらは外から水で遊ぶところ)

子どもは工作がとにかく大好きです。ちゃんと工作する施設も用意されています。

こちらは有料ですが、数百円単位。作るものは毎回変わり、さらに何種類もあります。満足いくものを作れると思います。子どもは夢中になって作ります。その感、大人は少しのんびりと。

他には博物館やプラネタリウムもあります。プラネタリウムを子どもとうとうとしながら体験するのは至福の時間。子どもは映画化とも違う異空間に大喜び。

この日は行かなかったのですが、あすたむらんどは博物館だけで半日の仕事です。世の中の不思議を遊びの中で感じられる学びスペースがたっぷり用意されています。子どもにも大人にもいい刺激が得られます。

お弁当を持ち込んでもいいですし、屋内食堂もあるので、食事に困ることはありません。

毎度毎度さまざまな季節のイベントやらがあるので色々な楽しみ方ができます。

(この時はハロウィン推し)

正直語りつくせないスケール感とバリュー感。四国の田舎にこんな素敵な施設があるのです。是非体験してください。

◼︎施設概要

住所:徳島県板野郡板野町那東字キビガ谷45-22

電話番号:088-672-7111

開園時間:9:30~17:00

※7月1日~8月31日は午後6時

休園日:毎週水曜日

祝日の場合は翌日、8月12~15日の水曜日は除く

駐車場:有り1000台以上(無料)

あすたむらんど徳島(公式)

あすたむらんど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする