【閉店】讃岐タンメンとは何ぞや?つけ麺頼む編/いち瑠@香川県高松市南新町/つけタンメン750円

今回は讃岐タンメンのお店です。「いち瑠」といいます。高松の南新町商店街からすぐのところにあります。高松の人気店である「欽山製麺所」のコンセプトを変えた姉妹店。

(2018年5月訪問)

※2018年10月31日惜しまれつつ閉店しました。

ここからは以前の記事です↓

(大盛無料の看板)

タンメンとは?さらに讃岐タンメンとは?

まずはここからですよね。

googleさんに聞くと「野菜を入れ、塩で味付けした中華そば」とのこと。

わかりやすい。まさに長崎チャンポンの如く野菜がどっさりです。チャンポンと違うのはトンコツスープじゃないところってことですね。。「讃岐」とあるのは麺に香川県産のさぬきの夢2009を使用していることが大きいと思われます。

(つけタンメン)

イメージがすっと出ないのが弱点ですが、味は安定して美味いです。すでに何回か訪問して、マー油を使った「黒タンメン」が自分の好みということもわかった状態でございます。

なのに、今回紹介するのはつけ麺。

(※申し訳ない。写真が手元にあったのがつけ麺だけでした。)

麺は他のタンメンと同じもの。つけ汁は豚骨魚介のオーソドックスなものと思います。そこにタンメンだけに野菜がたっぷり。

ポイントはレンゲに盛られた「しょうが」。普通に食べると特に面白みもない感じなのですが、しょうがをほどよく混ぜるとグッとよくなります。しょうが投入を前提としたスープのようです。麺はね、もっちりとしていい感じです。

お好みではありますが、つけ麺、ありと思います。お試しあれ。

また普通の讃岐タンメンも更新しますね。

店舗概要

住所: 香川県高松市南新町6-1南新町商店街近く(コトデン瓦町駅徒歩8分)

電話番号:087-802-5123

営業時間:11:00~14:00 17:00〜22:00

定休日:日曜日

座席:カウンター10席ぐらい、テーブル4人掛け×5席ぐらい

駐車場:無し

★★★☆☆3.22 ■予算(夜):~¥999

↓↓名店揃いの通販サイト「宅麺」。あの「とみ田」「一燈」もあります!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする