高松から日帰りで「六厘舎」の朝つけ麺を食べる方法。チャレンジ編。

東京への日帰り出張。僕にはひとつの野望があった。
東京を代表するつけ麺店「六厘舎」で提供される朝限定のつけ麺を食べること。

時間効率を最大限高めるアタックである。

今回は、7:35高松発のANAの飛行機乗り、9:45にモーニングが閉店される東京駅ラーメンストリートの六厘舎にたどり着かなければいけない。

※上記は2017年10月5日現在でのフライトスケジュールです。

■タイムスケジュール

7:35 高松空港発(ANA)
定刻出発。良い出だしです。

8:45 羽田空港着
定刻到着。素晴らしい。いける気がする。

8:55 モノレール第二ターミナル
もう、駅内は早歩きでわき目も振らず動きます。

9:20 浜松町着
社内では駅構内のマップを見ながらコースをシミュレーション。

↓モノレール中央口
↓1,2番線

9:22 JR浜松町
無駄なく、乗り換え。ぐいぐい来ている。

9:30 東京駅着
いける。確信。改札口を間違わなければいける。六厘舎が呼んでいる!

↓八重洲中央口
↓地下1階

9:33六厘舎着
よっしゃー!!どやどや。

って、ラストオーダー9:30!

(>_<)食べられない!!

マジかよ…

中にお客さんが大勢いたので、店員に一応声をかけるも断られる。
ラーメン業界は非常な世界なのである(笑)

道中は、すべてSuica使用、景色見ない、エスカレーター右側通行で止まらず、最短ルートの早歩きを駆使しました。今回以上のスピードを求めるとマナー違反レベルな感じになりそう。

つまり、個人的な結論としてはANAの始発では無理。

逆に7:20発のJALなら可能ってことでもありますね。理論上。15分前に着くんだから。
でも、今回すべてがスムーズに行っての7:33ですからねえ。
15分ぐらい飛行機は平気でずれるしなあ。

心の傷が癒えるまでは、日帰り朝つけ麺へのアタックは控えておきます。。

以上、我が墓標として忘れないようにここにしたためます。勇者、チャレンジよろしく。

ちなみに、六厘舎以外にこの東京ラーメンストリートでは「ソラノイロ」が朝ラーメンを提供しています。こちらは8:30からずっと営業しているので、アタック失敗の際はこちらをどうぞ(笑)。僕も食べました。


朝煮干中華そば(680円)@ソラノイロ

■店舗概要

東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 B1F 東京ラーメンストリート内
JR各線「東京」駅の八重洲口B1F
営業時間:7:30~09:45(ラストオーダー9:30)、10:30~23:00(ラストオーダー22:30)
定休日:無休

東京ラーメンストリート
http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/street/ramen

↓↓名店揃いの通販サイト「宅麺」。あの「とみ田」「一燈」もあります!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする